浄土宗の戒名(信士・信女)を授かる

おすすめ

浄土宗の方に戒名(信士・信女)

お家が浄土宗の方が、どの宗派でも利用できる僧侶派遣サービスを使って、戒名だけを用意してもらえればいいというご家庭に浄土宗のお坊さんが一般的な戒名である信士・信女を授けていただけます。戒名だけを希望される方には使いやすいサービスになっています。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

日蓮宗と日蓮正宗について

日蓮宗と日蓮正宗の違いについて語ってみたいと思います。日蓮の宗教は天台宗の密教系の流れを汲んでいるように思えます。南無妙法蓮華経という呪文というかマントラを唱えて仏になるそうです。仏になると心が強くなり、どんなことでも乗り越えられるとの教えです。南無というのは感謝、帰依するという意味で、妙法蓮華経というのは法華経というお釈迦様の最高の教えのことです。お釈迦様の教えに従いますという意味らしいです。日 >>日蓮宗と日蓮正宗についての詳細を確認する

「ふつうで小さな家族葬」にしたいです

"私は両親の葬儀を喪主として経験しました。いずれも一般的で常識的な仏式の葬儀で、大きな問題やトラブルもありませんでしたから、まあまあ長男としての務めは果たせたように思っています。 しかし自分の葬儀ということを考えると、もっとシンプルに、できれば家族だけの小さな葬儀にしてほしいと思います。 葬儀は喪主や遺族にとって、いわば「一大プロジェクト」。時間も手間もお金もかかりますし、なによりも神経をすりへら >>「ふつうで小さな家族葬」にしたいですの詳細を確認する

感謝を込めれたら

"身内や友人達で、明るい感じにしたいです。 もし、死ぬ前に時間が許されるなら、お世話になった人たちに感謝のメッセージを書き、それを葬式当日に誰かに読み上げて頂けたらと思います。 自分の大好きなごちそうをたくさん並べて欲しいです。出来る事なら、魂となってでも、その最後の晩餐に参加したいですね。 その時に、家族や友人が自分の事をどのように思っていたのかもはっきり知る事が出来ますよね。 この時を期に、こ >>感謝を込めれたらの詳細を確認する

海の見える場所でお葬式

"年齢のせいか、最近お葬式に出席する機会が増えてきました。 そのなかで、一言でお葬式といってもその人の宗教、家族の思いなどにより、全く違ったものになるんだなと感じました。 ふと、自分はどのようなお葬式がいいかなと考えたのですが、お葬式は宗教にとらわれないスタイルがいいなと思いました。 細かくやっていいこと悪いことが決まったお葬式は、参列していて違和感があるのです。 そのため、同じ宗教の方なら立派な >>海の見える場所でお葬式の詳細を確認する

クリスチャンだけど、無宗教葬がいい

"私は、教会には通っていませんが洗礼を受けたカトリック・クリスチャンです。 クリスチャンのお葬式は、ミサを行なって天の国に昇った故人を祝福する、というものです。 キリスト教では、死というものはポジティブにとらえられています。私は出席したことがないのですが、キリスト教のお葬式はまるでパーティーのように明るいのだそうです。 仏教のように戒名がなく(洗礼名があるから必要ない)ミサ代も10万円ほどで済むと >>クリスチャンだけど、無宗教葬がいいの詳細を確認する

法事でお供えする「おすすめの花」と「避けたほうがよい花」

"法事でお供えする花というと、多くの人が「菊」を連想するでしょう。実際に1番多く使われているのが菊です。立派な一輪菊をメインにして、それに他の花をアレンジするというパターンがもっとも一般的なのではないでしょうか。 菊は皇室の紋にも用いられている位の高い花ですし、生けたときに花持ちがよく、香りも高貴と良いことづくめ。色も白のほかに黄色や紫など多彩ですし、タイプもかなりバラエテイがありますから、故人の >>法事でお供えする「おすすめの花」と「避けたほうがよい花」の詳細を確認する

今年の法事に供える花

" 今年の8月に私の父と母の法事があります。東京で行うのですが、そこに持っていくお花についてお話します。  まず絶対に欠かせないのは、菊の花です。色は白・黄色の2色です。なぜ菊がいいのかはわかりませんが、菊の花を見ると心が落ち着きます。今回お供えする花の半分は、この2色の菊の花で占めます。  そこに別の花をいくつか混ぜます。一つはカーネーションです。母が好きだったので必ず付け加えています。また、紫 >>今年の法事に供える花の詳細を確認する

法要の花を選ぶとき

" 8月は親戚のおばさんの七回忌。  おばさんは子供がいなかったので、親戚一同で法要をしています。亡くなったのが真夏のため葬儀のときは暑さで参りましたが、郷里に納骨してからは、一周忌も三回忌も親戚同士で民宿や親戚の家に泊まり、それぞれに田舎の夏を楽しみながら集まるようになりました。  お盆・お彼岸・年忌法要などで親戚が集まると、かならずお寺に行くのがわかっているので、おばさんの一周忌からは、私は期 >>法要の花を選ぶときの詳細を確認する

法事に持っていく供花のマナー

"法事に持っていくお花に関して、適したお花の種類やそれに関わるマナーに関してお話したいと思います。 まず、法事に持っていくお花を供花を呼ぶのですが、通常であれば白い花を贈ることが望ましいでしょう。但し、白い花を贈るのは四十九日までで、四十九日を過ぎたら多少色目があって華やかでも良しとするという地域、家系はありますので、親族間で確認するのがベストだと思います。なお、色目がある花を贈るときは、淡い色の >>法事に持っていく供花のマナーの詳細を確認する

法事のお花は白が基本

"法事に関しては、宗派によって異なっていきます。 四十九日までは、仏教的からの観点でいくと、基本的には白一色となります。 それを過ぎると徐々に淡い色が加わっていきます。 絶対に菊を使わなければならないなど、ありません。 バラなど、色のあるお花は不適切なので、絶対に使わないそうです。 お墓での法事は、会食などをお寺で行う事が多いです。 この時は、お墓にお供えするお花なので、少し長めのお対のお花を用意 >>法事のお花は白が基本の詳細を確認する

最新のエントリー一覧

「ふつうで小さな家族葬」にしたいです
"私は両親の葬儀を喪主として経験しました。いずれも一般的で常識的な仏式の葬儀で、...

海の見える場所でお葬式
"年齢のせいか、最近お葬式に出席する機会が増えてきました。 そのなかで、一言でお...

クリスチャンだけど、無宗教葬がいい
"私は、教会には通っていませんが洗礼を受けたカトリック・クリスチャンです。 クリ...